Content Experiments APIをローンチし、Google Analyticsは力強いテストプラットフォームへと進化する。

日付:
2013/6/19
カテゴリ:
Googleアナリティクス
ライター:
翻訳記事

Google Analyticsブログによると、6月4日(米国時間)、GoogleはContent Experiments APIをローンチ。
Content Experiments自体は、Googleが1年前にローンチしているA/Bテストですが、今回のAPIのローンチで、Google Analyticsは本格的なA/Bテストプラットフォームとなり、マーケティング関係者やサイト運用者、開発者など利用者すべてがGoogle Analyticsで動作する新ツールの実験や構築ができるようになったとのこと。

今回は、この Google Analyticsブログ記事“Google Analytics Becomes A Robust Testing Platform With Content Experiments API”をご紹介します。

以下翻訳:

本日(米国時間6月4日)、Content Experiments APIの発表をみなさんと分かち合え、わくわくしている。このContent Experiments APIは、プログラムによる最適化を用いて、その分析目的を満たすよう、サイトのコンテンツを簡単にテストするツールである。このAPIで、Google Analyticsは成熟した A/B テストプラットフォームとなり、その力を何倍にもして、それぞれの実験を走らせることができるのだ。
Multi-armed bandit手法を用いることで、サイトのどの資産が最も効果的にユーザ体験向上を感じさせるかを、効率的に決定し、結果を最大限にすることができる。Multi-armed banditによる実験は強力かつ効率的ツールであり、この新しいContent Experiments APIで、あなたが想像している以上のものを得られるだろう。

Content Experiments APIを使うことで、Google Analyticsが提供していた、個別のニーズに最適なソリューションを、すべてのテスト機能から選択し、組み合わせることができる。

リダイレクトのないコンテンツへのテスト変更

従来のContent ExperimentsのJAVAスクリプトスニペットはテストを簡単にしている。しかし一方で、情報の一貫性を保つために、スニペットはページリダイレクトを必要とし、エンドユーザの体験を下げるケースがあった。
新しいContent Experiments APIを用いることで、リダイレクトのないコンテンツ変更のテストが可能になり、実装も容易になっている。

データベースクエリの結果のようなサーバーサイドアイテムもテストできる

一般的に主要なテストプラットフォームは、サーバサイドでなくクライアントサイドでの変更を必要とする。
Content Experiments APIを用いれば、サーバサイドでテストを走らせることができ、さまざまなおすすめの実装や、サイトにとって最も効果があるものを決定するアルゴリズムの調査といったことを試すことができる。

これまでのバリエーション選択ロジックによるテストも行え、 Google Analyticsでレポートできる

Multi-armed bandit手法がContent Experimentsの最も強力な機能のひとつである一方で、バリエーションの提供方法を、規則的なものや従来ある論理の使用など、発行者や開発者自身で決定したいケースも多々ある。
Content Experiments APIは、最適化プログラムを回避して、従来Google Analyticsが提供してきた強力な実験レポートを使い続けることも可能にしている。

測定プロトコルを使用した非ウェブ環境におけるテスト

たとえば、キオスク(航空会社の端末や小売店など)がある場合、そこでさまざまなコンテンツや機能の配置をテストし、ユーザが最も早く、またはもっとも高い価値に到達することができるのは何かを見定めることができる。

すでにContent Experiments APIを設置、稼働させており、すばらしい反響を得つつある。Visual Website OptimizerのCEOであるParas Chopra氏からは以下の報告を頂いている。

「新しいContent Experiments APIの可能性に興奮している。この新しいAPIはGoogle Analyticsの力を、テストと実験領域に持ち込むために特別に設計されている。Google のベータテスターのひとりであることはたいへん誇らしく、すぐにでもVisual Website OptimizerへのGoogle Content Experimentsの組み込みにとりかかる。GoogleのこのAPIリリースは、A/Bテスト事業分野にとって大きな動きであり、Googleの発進時パートナーであることに興奮している。」

Google開発者向けサイト上のコンテンツAPIの使用開始方法を見てほしい。
それでもまだこのプラットフォームの始め方に不安があるようなら、ヘルプセンターでContent Experimentsの概要を入手してほしい。

あなたのテストと実験がうまくいきますように!