Web担当者Forumの連載を再開しました。テーマは「広告文」について

日付:
2017/4/4
カテゴリ:
GoogleアナリティクスSEM
ライター:
寳洋平

Web担当者Forumさまで2017年4月4日より、「リスティング広告運用でビジネススキルも磨く」の連載が再開しました。
第四回は「文才ない、書くのが苦痛……書けない人必見! リスティング広告文のやさしい書き方講座」です。

こんにちは! アユダンテ株式会社の寳です。
Web担当者Forumさまでの連載「リスティング広告運用でビジネススキルも磨く」を再開することになりました。

改めてお伝えしておくと、この連載は入社1-3年目くらいの若手の方が読んで実務で活用できる内容を目指しています。
おもにリスティング広告運用について書きながら、これからのマーケティング担当者に求められるスキルやマインドについても触れています。
そのため、若手に活躍してもらいたいマネジメントの方が読んでも役に立つ内容です。
みなさまの社内で共有し、業務の改善に役立てていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

第4回のテーマは広告文です。

昨年2016年、リスティング広告の広告文のフォーマットに大きな変化がありました。
一言でいうと文字数が増え、表現の幅が広がりました。AdWordsの拡張テキスト広告が開始されて間もなくのタイミングで、弊社SEMコンサルタント河野がコラムにまとめています。

Google AdWordsで、拡張テキスト広告が始まった! どうなるの? こう書くの!?

その後AdWordsに続いてYahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチでも拡大テキスト広告というフォーマットが開始し、2017年4月現在では両サービスとも移行期間も終わり、新規で作る広告についてはすべてこの新しい広告フォーマットとなっています。
この変更は、広告文を書くのが苦手な方にとって悩ましいもので、広告運用担当者の方から「大変だ……」というお話をうかがう機会が複数ありました。
そういう方の力になれるように、とこの記事を書いています。
拡張テキスト広告の広告文作成に苦労している当事者、周りに書きあぐねている担当者がいる方、チェックしてみてください。

今回の記事はこちら。

リスティング広告運用でビジネススキルも磨く|第四回

過去の記事はこちら。