リンククリックリスナーがクリッカブルマップに対応しました

日付:
2014/5/22
カテゴリ:
Google Tag Manager
ライター:
畑岡大作

何度かGoogleタグマネージャの便利な機能として紹介しているイベントリスナーですが、その中のもっとも使われているであろうリンククリックリスナーにて、改修が行われたようです。
今回はさっくりとした、アップデートのお知らせになります。

  1. そもそもイベントリスナー/リンククリックリスナーって?
  2. クリッカブルマップに対応しました

そもそもイベントリスナー/リンククリックリスナーって?

詳細については以前の記事「Googleタグマネージャに自動イベントトラッキング機能が登場」や「イベントリスナーへ新たに『履歴リスナー』と『JavaScriptエラーリスナー』が追加されました」で取り上げていますのでそちらをご参照いただきたいのですが、ざっくりと言ってしまうと、イベントリスナーとは「特定のタイミングでGoogleタグマネージャを呼び出すことができるようになる機能」です。

これを使うことで、例えば「ユーザーが特定のリンクをクリックした時」などにGoogleタグマネージャを呼び出せるようになり、そのタイミングでGoogleアナリティクスのイベント計測とかができるわけです。
そうすると結果的に「ユーザーがリンクをクリックした時にGoogleアナリティクスでイベント計測する」といったことが可能になります。

イベントリスナーの種類と、それぞれが取得するタイミング

現状では計6種類のイベントリスナーがあって、それぞれが配信されている状況で、対応するアクションなどがあった際にGoogleタグマネージャを呼び出すことができるようになります。

いくつか種類のあるイベントリスナーの内、今回、改修が行われたのは先に例で挙げた「リンクがクリックされた時」に反応するリンククリックリスナーになります。

クリッカブルマップに対応しました

さて、実際に何が改修されたかと言うと動作の仕様が改良されました。
具体的にはずばり、「クリッカブルマップに対応」したようです。

実は今までは、クリッカブルマップ(areaタグ)でのリンクでは、リンククリックリスナーは反応しない仕様でした。
そのため、クリッカブルマップのクリックを計測するためにはクリックされた要素のタグを取得するマクロを追加登録して、クリックリスナーを使って「AREAタグがクリックされたら」というルールを作って代用する必要がありました。

別途、要素のタグを取得するマクロを追加登録したうえで、クリックリスナーでルールを作成して対応していました。複雑でした。

今まではクリックリスナーを使ってフォローしてました。

ですが、今回の改修によりリンククリックリスナーでもクリッカブルマップに反応するようになったため、今後は素直にリンククリックリスナーだけでクリッカブルマップも計測できるようになります。

リンククリックリスナーの動作テスト画面。起動中にクリッカブルマップをクリックしてみた。

クリッカブルマップもリンククリックリスナーで拾えるようになりました!

決して大きくはないアップデートですし、最近ではあまりクリッカブルマップも見かけなくなってきていて気付いていない方も多かった問題だったと思います。ですが、実際に関わったことのある方は不便を覚えたこともあるのではないでしょうか。
今までも工夫できれば対応できていたものではありますが、この調子で色々と改良されていくと嬉しいですね。